葬式の定義

金色の建物

実はお葬式は別にやらなくてもよいことになっています。法律で定めているのは遺体を火葬にすることだけだからです。だからお葬式をしなくても、法律上何ら問題ありません。とはいえお葬式では故人を弔うとともに残された人の悲しみを和らげる効果や目的もあります。葬儀の費用は年々減少傾向にあります。減少しているということは、葬儀も小規模化していると思ってもよいでしょう。その背景には高齢化に伴い葬儀に呼びたくても相手がこの世にいないとか、呼ばれてもいけないという事情で会葬者の数が少なくなってきていることがあげられます。また地縁や血縁関係の希薄化、みえや体裁よりも実質を重視する、現代人の価値観の変化により葬儀費用も低下しています。

近年では家族を中心とした数人から数十人規模で葬式を執り行う家族葬が主流となりました。最近の葬儀社では料金別のパッケージプランを用意しています。しかし実際には葬儀のすべてがパック料金だけでは収まりません。業界には統一規格がないため、パック料金に含まれるものが各社でまちまちで統一されていません。ですからパック料金には、何が含まれているものの料金かチエックをするのが重要です。パック料金には祭壇料や焼香用具、枕飾り、司会や運営スタッフ代などが含まれているのが通常です。あと霊柩車代や写真、位牌、骨壺なども含めてパック料金としているところやそれとは違い上記のものはパック料金ではなく追加料金としている業者もありますので注意をすることが必要です。

注目の記事

オススメリンク

  • 奈良県で遺品整理・ごみ屋敷・不用品回収・特殊清掃の事なら奈良リサイクルジャパン

    遺品整理なら奈良で気軽に問い合わせを行なうことができるところを選んでみませんか?ここなら通話も無料になっていますよ。
  • 八光殿東大阪

    ニーズに合わせて最適なプランを提案してくれますよ。葬式は東大阪にある業者を頼ろう。まずはサービス内容をご確認ください。